[ ☆青汁シェイカーセット☆ ]

[ らくがき写真の投稿ブログ ]


[ 賃貸コスト削減のお手伝い ]

[ ♪☆広告のない掲示板☆♪ ]

津軽ごだく帳

よくきてけだのぉ〜掲示板の写真は、弘前城の本丸から撮った岩木山だはんで。
但し掲示板の話題に関係無い宣伝目的の書き込みは、見つけ次第即刻削除するはんで!

    携帯サイト専用の広告が約600件!「Smart-C」ならお気に入りの広告を見つけられます★ Reload


投稿者
メール
題名
   
内容
(自動改行します。利用可能タグ一覧
URL
 
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ teacup.コミュニティ ]

全238件の内、最新の記事から10件ずつ表示します。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 << 前へ  次へ >>

製作進行中  投稿者:onas  投稿日: 6月24日(土)10時22分28秒
  こんにちは、お久しぶりです。
下新町も着々(??)と製作作業が進んでおります。
なぜ、着々(??)かというと製作隊主要メンバーの集まりが…
もうすぐ7月になるというのに…余裕くれ過ぎと思う今日この頃。

ねぷタカ さま、初めまして。
『幽霊』の見送り絵ですね。
内輪の人間でさえ初めて見た時の感想が「はみでてるし…」。
この「はみでてる」の台詞を何回聞いたことでしょう。
運航中、沿道の方々から「あ〜、はみ出てる〜」。何回聞いたことか(爆)
本体についてるから沿道の声が結構聞こえるんだな〜。
去年なんかは、「前ねぷた、本体よりデッカイ」だし(激爆)
今年はどうなることやら…
 

こんばんは  投稿者:ねぷタカ  投稿日: 6月23日(金)22時47分2秒
  北明さんの女性の絵は特にきれいでしたからね。歴史研究会の発起人は北明さんなんですよ。ほんとにねぷた好きだったんですね。
三浦呑龍先生は、はずれの無い絵を描くってのはまさにそのとおりですね。同感です。期待を裏切らないですね。下新町で見送り絵がはみ出していたのは、いい意味で期待を裏切りましたが。あれはかなりの衝撃でした。ああいうのどんどん見たいです。
佐藤さんもいい絵を描きますね。去年はCMもでてたし
木村邦仙さんも上手ですね。あれだけ大きいのよく描けます。
若手では川村尊斗さんが好きですね。細かくて、ていねいで。欲を言えば、もうちょっと台数増やしてほしいですね。もうデビューしてけっこうたつので
 

絵師の系譜  投稿者:kei  投稿日: 6月23日(金)01時00分4秒
  やはり長谷川壽一さんはお亡くなりになっていましたか…
これで達温先生の弟子は、佐藤大節さんだけになりましたね。私も先代の斎藤北明さんは好きな絵師です。特に見送り絵の`想い'は傑作ですね。確か二人連れの角隠しをした和服の絵でした。
現代の絵師で第一人者と言える方は、やはり三浦呑龍先生ですね。あれだけ外れの無い絵を描ける方はいません。また作風が似ている木村邦仙さんも好きですね。
最近出てきた絵師は、どなたも弟子に付かず独自の作風を確立させているようです。女性絵師が数少ないので、棟方華澄さんに期待しましょう。

http://eclipse.star.gs/kei/

 

手間かけてすいません  投稿者:ねぷタカ  投稿日: 6月22日(木)23時31分2秒
  すばらしいサイトなので、協力できてうれしいです。
長谷川寿一さんですよね?それは本名なんですか?
長谷川寿一さんはたしか2004年にお亡くなりになりました。
まだまだ描けそうな年でしたのにとても残念です。たしかねぷたのテレビでやってました。
私も2003年まで、長谷川さんが書いていた団体が2004年には一つ残らず絵師を変えてしまったので、おかしいと思ってました。
ですが、最近はこんなに若手が埋もれてたのかというほど、若い絵師が出てきたのでそれも新たな楽しみですね。
keiさんは長谷川達温さんが好きなんですか?小栗山で知事賞の常連でしたしね、とても息の長い絵師だったと思います。
私は先代の斎藤北明さんが好きです。あの方も若くして亡くなられてとても残念です。たしか達温さんの弟子だったような気がします。まちがってたらごめんなさい
 

直しました  投稿者:kei  投稿日: 6月22日(木)07時40分28秒
  おはようございます。
かなり詳細にお知らせ下さり、大変感謝しています。弊パソコンはネットにつないでいないので、次回インターネットカフェへ行った時に更新します。
それにしてもかなり見落としがあって、90年のねぷたの半分が89年に移動しましたね。
他サイトでも古いねぷた絵を配信しているページがあるのですが、さすがに故長谷川達温先生の絵を見られるページは少ないでしょう。
ところでその息子である長谷川壽一住職の絵が2003年を最後に見られなくなりましたが、ねぷタカさんは知っていますか?いくら検索しても出てこないのです…

http://eclipse.star.gs/kei/

 

どうもどうも  投稿者:ねぷタカ  投稿日: 6月21日(水)23時34分48秒
  いいですよ。陸奥新報もいいのですが、路上社の「弘前ねぷた速報ガイド」の方が大きく載ってますよ。古いのはもう手に入りづらいかもしれませんね。図書館の資料室にあったかな?私のこの本は宝物です。
では私の持っている情報を。一番上から順番に

’89 建設業協会 水滸伝 黒旋風李き奮戦の図 絵師 佐藤大節
’90 建設業協会 平将門              佐藤大節
’90 本町    趙雲幼主を救う          三浦呑龍
’90 西地区   弁慶の立ち往生/常盤御前     三浦呑龍(一番下のはこの見送り絵)
’89 鬼沢    火眼ショウジョウ飛奮戦の図   沢田崇節
’89 七峰会   (見送り絵)           長谷川清一
’89 陸上自衛隊 張飛奮戦の図           阿部義夫
’89 弘前大学  黒旋風李き奮戦の図        阿部義夫
’85 弘前市立病院 一丈青奮戦の図         三浦呑龍

これらの引用は全部「弘前ねぷた速報ガイド」です。この本を見ての私の推測です。
難しい漢字は文字化けがありそうなのですいません。お役に立てたでしょうか?
 

わ、がほんずだぉん  投稿者:kei  投稿日: 6月21日(水)07時24分16秒
  ねぷタカさま、初めまして。弊サイトを御覧頂き、また御指摘もありがとうございます。写真が90年に分類されていたので、つい阿部義夫絵師の絵も90年でupしてしまいました。次回更新の際、訂正したページをupします。
96年以前のねぷたは絵の題材が不明の場合が多く、アルバムにも題名を書いていないので追跡調査が難しくなります。弘前図書館で昔の陸奥新報年鑑を見ればいいのでしょうけど…
かなり昔から弘前ねぷたを御覧になられたようですね。もし差し支えなければ、御指摘された二台のねぷた絵の題名を教えて頂けますか?宜しくお願い致します。

http://eclipse.star.gs/kei/

 

はじめまして  投稿者:ねぷタカ  投稿日: 6月21日(水)01時03分16秒
   私はねぷたがとても大好きなので、このサイトは昔のねぷたの写真が多くてすばらしいです!
 青森ねぶたの昔の写真は多いのですが、弘前ねぷたの写真はあまりないので、この多数の写真はすばらしいと思います。

 ちょっとこまかいのですが、1990年の弘前ねぷたの写真の上から7番目と8番目の阿部義夫さんの絵ですが、二つとも1989年の絵ではないでしょうか?7番目は陸上自衛隊。8番目は弘前大学。阿部さんは1989年に絵をかいて、その年に亡くなられたはずです。ですから少し気になってしまい、このような細かい指摘をしてしまいました。
 

ありがとうございました。  投稿者:絵描ぎ 山内和人  投稿日: 6月20日(火)11時00分55秒
  迅速かつ正確なる対応に心より感謝いたします。ありがとうございました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

http://www.neputaya.com

 

訂正しました  投稿者:kei  投稿日: 6月19日(月)22時25分17秒
  山内様、確かに間違っておりました。三大小学校のねぷた絵を描かれた御本人様からの指摘で気がつくとは…
どうやら三浦呑龍さんのソースをコピーして、そのまま掲載してしまったようです。
訂正したソースをクリックすると山内様のアドレスも出るように直したので、事後報告ですが宜しくお願い致します。プロフィールを拝見させていただいた処、義塾の先輩でらっしゃるとのこと。相すみませんでしたm(_ _)m
弊サイトの洋館建築では、義塾の外人教師館も中を撮影して新規に掲載しましたので御覧戴けると幸甚です。

かすみんさんは、元保育士なんですね〜
私は養生幼稚園出身でしたから、小さい頃からねぷたを引っ張っていましたよ♪まだ物心付く前でしたが、子供は思ったままモノを言うので逆に参考となりますね。そんな幼稚園も時代と老朽化の波には叶わず、新築してしまいましたね。
魂が入ったねぷた絵は、見るものを感動させてくれると信じています。人目なんか気にせず、納得する絵を描いてくださいネ!ねぷた運行時は撮影に行きます。かすみんさんのねぷた絵を貼る日時が分かりましたら撮影に行きたいので、掲示板でヤバそうならメールでお知らせ願えますか?宜しくお願い致しますm(_ _)m

http://eclipse.star.gs/kei/

 

以上は、新着順1番目から10番目までの記事です。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 << 前へ  次へ >>

 
Web teacup.com



    RSS

パスワード

teacup.AUTO BBS Lv2-Free